オシャレに決めたい。ゴルフウェア

ゴルフというスポーツは1年中楽しめます。

私は秋のシーズン到来が待ち遠しいですが、真夏の炎天下も

粉雪舞う冬のゴルフも楽しんじゃいます。

お財布と相談しながらできる限りのおしゃれはしたいですよね。

ここでは、アラフォー女子向けのおしゃれ等を紹介したいなと思います。

※ゴルフ場によってドレスコードが違います。

名門といわれるところは、ジャケット着用だったり、レギンス禁止の場合もありますので、

必ずゴルフ場のホームページでチェックをしてください。

(予約等に使用するゴルフ場情報配信ホームページにもありますのでご覧ください)

<スポンサーリンク>

春のウェア

気温の変化が激しい春先ゴルフ。

午前と午後で10度くらい気温差があるときがあります。

脱いだり着たりできるものがあったほうがいいですね。

 

スポーティでいながら上品さも入れたいゴルフウェア。

年際にもよりますが、大人の女性の品格もウェアに入れたいものです。

春はベストがおしゃれ。Vに大胆なライン使いの者がおすすめ。

足に自信があればミニでもショートでもOKだと思いますが、

無難に決めたいならハーフ丈パンツが安心。

最近は体系をカバーしてくれるワンピースもおすすめ。

忘れていけないのが紫外線対策。

涼しい春先だって紫外線は大敵。

帽子やサンバイザーはもちろんのこと、腕も焼きたくない人は

UVカットのインナーで防止を。

靴下はゴルフ用の厚手のもので疲れから守りましょう

カッパを着るほどの雨でもないときやカッパを着ると調子悪くなってしまう方へ

おすすめなのがレッグカバー。膝上までの物を一つ持っていると重宝します。

花柄をウェアに持ってくると一気におばさんぽくなってしまうので、

グローブに花柄を持ってくると手元が華やかになります。

 

夏のウエア

真夏の炎天下のゴルフ。罰ゲームか!と思うときもあるのですが、やめられないのも⛳・・・^^;

一番気にするのが日焼けですよね。おしゃれとは違うのですが、その日のうちに洗顔すると日焼けが

取れる?!洗顔クリームが・・・・どこかのタイミングでご紹介しますね。^^

夏場のゴルフ、私が絶対に忘れないのが、夏用のインナーとレギンス。

サングラスもつけたほうが目の保護になるのでいいと思いますが、案外ゴルフ中のサングラスが苦手

な私ですが・・・気にならない方は是非目の保護に着けたほうが良いですよ。

フェースカバー・・・ちょっと引きますよね・・・

両手の手袋・・・これも手の甲のシミ対策には必須だと思います。が・・・私は苦手です。

よって、私のシミ対策は水素風呂で行っています。(これもどこかのタイミングでご紹介を^^)

ウェアは夏もやはり大人の上品さと遊び心が欲しいところですよね。

あまりにも若ぶると痛いし、落ち着きすぎるとおばさん化が倍増しますし・・・

一流メーカー物はお高いので、古着館なども利用するとリーズナブルに種類を増やせますね。

秋のウェア

キターーーーーー!!私の大好きな(ほとんどのゴルファーたちがそうだと思いますが)季節、秋!

身軽に涼しくできるこの季節。スコアさえ寒くならなければ最高の季節ですよね。

今年のような9月は、ほぼ夏と同じようなスタイルでOKだったのではないでしょうか。

秋本番の10月、11月。気温の変化が激しそうなので悩みますよね。

インナーとレギンスは冬用も用意して、天気予報の温度を見ながらの調整でしょうか。

私の気温の目安としては 25度 20度 15度でしょうか(クラブじゃないですよ^^)

25度を切るようであればインナーは着ないか、夏用。20度を切るようであれば冬用のインナー。

15度を切るようであれば、ウェア自体冬用という感じです。

ベストを着こなすのも秋のおしゃれですよね。

寒くない秋の空の下であれば短めなスカートにハイソックスもいいかも。

冬のウェア

粉雪舞う程度であれば決行なゴルフだけど、大雪はさすがにゴルフ場自体がクローズすると思います。

木枯らしの中のゴルフ。着すぎでなかなか思うようなスイングができないのが冬のゴルフ。

でもプレイしたいですよね。

もし、ニットの上下で決めるのなら単色で大柄がおすすめ。柄が一番に目に入ると細身にみえますよ。

サイズは大きめではなくジャストサイズで購入してくださいね。(ワンピースサイズも可愛い!)

ニット帽にネックウォーマーにレッグウオーマー・・・色合い合わせればこれで完璧!大人可愛い!!

格式高いゴルフ場に行く場合、レギンス禁止だったりすると迷いなくパンツコーデですよね。

案外高いゴルフメーカーを選ばなくても安さで有名なお店でおしゃれなパンツもゴルフウェアに

なっちゃったりするものです。お試しを・・(その際は、ポケットがあることを確認してくださいね)

まとめ

どんなシチュエーションでも女子はおしゃれをするとテンションあがりますよね。

ゴルフの腕もおしゃれのセンスも磨き続けたいものです。

最後に忘れがちなゴルフ場から帰るときの服装ですが、冬場はあせもかかないのでお風呂入らずに

そのまま帰る場合もあるかもしれませんが、夏場は流石にそれはないですよね。

どんなパブリックなゴルフ場でもTシャツとジーンズはNGと考えていたほうが無難です。

ブラウスとスカートやパンツ等ちょっとしたお出かけのような感じがいいと思います。

まぁ私が今まで見てきた中で、ゴルフ女子はおしゃれ女子が多いですけどね。

最後まで読んでいただいてありがとうございました。

 

※参考URL