飛ばしたい・寄せたい・入れたい

女性だって、ドライバーは飛ばしたい。(曲げたくない)

なんだったら、レギュラーティから男性と一緒に回りたい。

アイアンはコントロールしたいしアプローチはワンパット圏内に寄せたい。

パターは決めたい。

って・・・それじゃぁプロだわ。(笑)週1回の練習じゃなかなか難しいけど

せめて練習時の選択肢になったらいいなと思いながら各クラブの応用的な練習方法を紹介します。

<スポンサーリンク>

ドライバー飛ばしたい

ドライバー飛ばしたいですよね。せめて180ヤードは。(ドロー気味に)

そこで最近の私のドライバーの練習方法を紹介しますね。

まずドライバーで気を付けておきたいのは、

インパクトは最下点ではない!!

ということ。

地面に着地して上がっていく時がインパクトであることを頭に入れておきたい。

ドライバーを打つときは頭は少し右側になるのでその頭をキープし続ければ頭の下が

着地点になるので、ダフるのを気にしないで練習してみてください。

その際、インパクトゾーンを長くとりたいので、インパクトで押すイメージがいいと思います。

インパクトでも大切なのは、頭を動かさない。ボールより先に方向を見ずボールを追うイメージが大切です。

アイアンをコントロールしたい

ショートアイアンは打てるけどロングアイアンはなかなか当たらない。という女性(男性も)

多いですよね。私も5番アイアンが当たったり当たらなかったりで苦労しました。

色々悩んだ末、5番の代わりにユーティリティ(24度)を入れています。

案外重宝しますよ。ウッドのように払う感じで打てるから。是非試し打ちを・・・

 

さて、ロングアイアンですが、ロフトが立って入らないと当たらないですよね。

立って入らない原因の殆どが、「高く上げよう」

という意識が少しでもあるとあおってしまったりしてダフリ・トップ・シャンクetc

トップならまだ前に行くだけ許せますけどね^^;

最も、ロングアイアンは低い球でいいのです。遠くに飛ばすロングアイアンの最初の弾道は低くていいのですから・・・

ロングアイアンの練習はフェースの重みを感じながら

フェースが立って入るイメージを持って練習したいですね。

寄せワン狙いたい

非力の女性にとってパーオンはなかなか簡単なものではありません。

でも確実にボギーを取っていけばハーフ45点。2回ダボとっても47点。×2=100切りですよね(笑)

そうなるとやはり大事なのはグリーン周り。

ボールがカラーもしくはカラー同等の場所で短く刈られた芝であればパターで勝負もありですが、

殆どがキャリー&ランですよね。

この際、気を付けなくてはいけないのが見るのはピンではなく落下地点です

転がり方の目安は、

PW→1:1

9I→1:2

8I→1:3

と私は考えています。PWで残り10ヤードであれば、落としどころが半分の5ヤード

転がりで5ヤードというところでしょうか。転がりはクラブに任せるとして

繰り返し練習したいのは、どのふり幅でどのくらいの場所に落とせるか!です。

私は練習場で転がっているボールを落とし場所に決めて反復練習しています。

入れゴロ外しゴロを確実に入れたいパター

子供や超初心者でも入るような距離をプロが外してしまう。それがパターです。

それだけ緊張しますよね。私も何度かイップスになりかけたことがあります。

パターで大事なのはあれこれ考えるのはアドレスに入る前。アドレスに入ったら

自分が決めたとおりに打つ。これが一番だと私は思います。

うち方は千差万別なので答えがありませんが、ボールの位置は真ん中か目線より

外側がいいと思います。目線の内側において覗き込むような形になって打つと

あまりいいことがありません。

絶対入れる!という気持ちが強すぎてもいい結果が出ないことが多々ありますので、

あの辺に運ぼう!というエリアを決めて打つことをお勧めします。

プロは近づくにつれてそのエリアを狭めていくそうですよ。

五角形キープ型、三角形キープ型色々ありますが、私は三角形キープ型で手打ちにならず

片手打てるよう練習しています。

一番大切なところはボールの行方を気にせずヘッドアップしないことを忘れずに。

本番の前の練習時間の多くをパターにして、どのくらいのふり幅でどのくらい転がるかの

繰り返しをしたほうが、スコア4割のパター数を減らすことができるかもです。

まとめ

100切りの基本はグリーン周りとパターに限る!といっても過言ではありません。

練習場で自分の距離感を覚えるのが一番の近道だと私は思います。

 

最後まで読んでいただきありがとうございました♡

 

参考URL