断捨離始めました!やましたひでこさんの断捨離のすすめ!



「断捨離」という言葉はもう何年も前から流行っていますが、私は「やましたひでこさん」の本に出会って

初めてハマりました。

目下断捨離実践中です。

色々な本やDVDが出てますが今日はこちらをお勧めします。

 

<スポンサーリンク>

私の口癖は「なんてウチは狭いんだろう。早く広い家に引っ越したい」口に出さなくともいつも心で叫んでいました。

私はこの本に出会って、狭いと嘆くよりまず部屋を見渡しどれだけ余計なものが多いのかに気が付かされました。

ただ、いきなり部屋全体を片付けるにはあまりにもハードルが高すぎるので、まずは小さな部屋のお財布の中から断捨離を始めることとしました。

(やましたひでこさんも推奨しています)

ショックでした。

お金以外のものでパンパンになっている私のお財布はお金にとって居所が悪くお金が住むところがなかったことに気が付くことになるとは💦

期限が切れたポイントカードまた、そのポイントで何がもらえるのかわからないカード。本当に欲しいものかどうかさえ分からないカード。

不必要なレシート。10枚以上は捨てました。お財布ってこんなにすっきりしているのかって。

これからは、「ポイントカード作りますか」の返答は「いりません」とにっこり言うことができそうです。

次にすぐ取り掛かれたのが、冷蔵庫です。だって、賞味期限で「捨てる」「捨てない」ができますので。

賞味期限が切れている調味料、娘の薬、食べないであろうお菓子・・・恥ずかしながら陣地を分捕られていました。

冷蔵庫が終わり、本格的に入っていきます。

 

まずは自分の服から取り掛かりました。

やましたさんがおっしゃる「今の自分に本当に必要なものか」

「過去でもなく未来でもない今の自分に」

昔気に入って買った洋服、今着たいとは思いもしないけど高かったから・・・とか

真っ白なロングコート。お友達からもらって、せっかくもらったしいつか着るかもしれないから・・とか

そんな服たちがごまんとありました。

目途として1年間着なかったものは即捨て。それだけでもゴミ袋二つくらいに・・

微妙なものは何度も何度も自分に問いかけて決定「今の自分に本当に必要かどうか」

昨日は食器まで手が届いてすっきりです。

食器もゴミ袋二つになるくらい捨てました。キッチンの食器棚なので、開けなければ見えないのですが、

あまりにもすっきり綺麗にできたので不必要に開けてしまいます(笑)

断捨離始めると心がウキウキすると同時に心まで軽くなるのですね。( ゚Д゚)

これから買い物をするときは「買」→「捨」ではなく、まずは「捨」→「買」という行動パターンにすることが大事だそうですよ。

それは「買」を最初にするとダブってしまう時ができてしまうからと。納得です。

100均に行くと本当に必要かなんての問いかけする間もなく無駄に買ってしまっていた自分に改めて反省です。

本当に必要なモノってごくわずかなものなのかもしれません。

家の断捨離は人生の断捨離につながるという意味が少しだけわかった気がします。

まとめ

面白いもので、昨日私が楽しく断捨離やっていると娘が何も言ってないのに自分の部屋の断捨離?!をしていました。(笑)

1年生の時の教科書とかノートとか・・まだ使えそうなものも確かにありましたが、そこは何も言わずに捨てることに賛成!

そうすると今度は旦那が洗面所を掃除しているのでまたまた( ゚Д゚)

「よくこんな汚いのを平気でいられるよな」とか文句を言いながらやってました。

いいスパイラルにウチの家族は入ったようです。

捨てることが目的ではない断捨離。真の断捨離とは「選ぶ」ということを噛みしめて、私の断捨離生活続けていきたいと思っています。

あっ断捨離で最も気を付けなくてはいけないものは、人の物は勝手に捨てないことですって。

自分がされたらいやですもんね。捨てるのは自分の物だけにしておいて決して断捨離を強要しないことが大切だそうですよ。

断捨離が夫婦や家族の不和につながっちゃ本末転倒ですもんね。

 

今日も最後まで読んでいただいてありがとうございました。

私は捨ててしまいましたが、こういったサービスを利用するのもいいかもしれませんね。思わぬお小遣いになるかも